Saturday, 31 May 2014

カメラを持って東京を歩く

久しぶりにカメラを持って外へ出た。
と言っても仕事で、なのだが、この日に限ってはカメラを手に持つ気になった。
私が最近写真を撮らなくなった理由について。

①今の職場に勤め始めて、3年目になる。
カメラを持って走り回る同僚がとても多いことに気づいた。
やたらと何でもかんでも写真を撮るわけだが、被写体の気持ちを初めて理解した。
写真を撮るほうはいいけどそんなにしょっちゅう撮られるのは気持ちのよいものではない、と思った。身内ならまだしも。それで、自然と控えるようになった。

②一眼レフを重く感じるようになった。

③スマホ、タブレットでの写真の普及。
一眼レフでピントをあわせたり光を調節したりしていたのだが、インスタグラムなどで、いとも簡単に加工されていく写真を見て、ああ写真って何なんだろうなと思うようになった。写真家でもない人が写真家みたいな写真を撮れるようになった。あまりにも簡単に撮れるのでアートというよりは記録媒体なのかもしれないと思うようになった。色々とこだわってきたものが簡単に打ち破られるような気がした。

それでも昨日は撮る気になったので、たくさん写真を撮った。
晴れの日の東京。
まぶしくて、とても暑かった。

 大久保利通が殺された場所はこの辺だったらしい。
それは知っていたのだが、小さな公園みたいになっているのは全然知らなかった。
記念碑もあった。



赤坂見附というのは非常に入り組んだ、不思議なつくりをしている。
地下鉄で乗り換えるときはこの地下をうろうろしているだけなのだ。
地上に出るととても面白い。
見附という言葉の意味を初めて知った。
日本橋。
この橋の真上に高速道路を作るという、日本人の(と言ってしまったら一般化しすぎだろうか?)神経を疑う。いつ何度見ても思う。
景観というものに対するセンスが無さ過ぎる。
短絡的な言い方で申し訳ないが、ヨーロッパだったら絶対にこんなことはしない。
歴史的価値を知ってのことだろうか。
大切なものがぐしゃぐしゃとつぶされていくような、そんな感じがする。

Tuesday, 20 May 2014

作る気にならない

ごはん食べなきゃいけないんだけど作る気にならない~
というか立つ気がしない~
帰ってから荷物を置いて、食べるものを買おうと思って外に出た。
モッツァレッラとかズッキーニとかトマトとか水菜とか買ったんだけど、洗う気がしない~
切るのがめんどい~
食べたいけどむしろ寝たい~
つまり食べるのさえめんどい~

先週は土曜も仕事だったから全然休めていないのだ。
日曜日は一応休んだけど、やっぱり週に1日じゃ足りてない。
人間だものね。もう少しゆっくりごろごろする時間が無いと。

さて料理をしよう、と張り切るのは時間と心にゆとりがあるときだ。
会いたい人たちもたくさんいるんだけど、その前にまずは自分の身体に休息が必要だ。
余裕が無いなあ。

5月も気づいてみたら半分が終わった。
そういえば去年の5月は忙しすぎて熱を出したりしていた。
あれっきり、発熱は無い。
丈夫になったのだろう。

Sunday, 18 May 2014

カンヌ国際映画祭2014

今年もカンヌ国際映画祭が行われているようだ。
残念ながら出席するチャンスに恵まれたことは一度も無いが、その様子を写真で見るのが楽しみだ。
アカデミー賞をはじめこういった華やかな(特に映画の)祭典は年中どこかで行われているのだが、とりわけカンヌはオープンエアで5月の爽やかさが写真から伝わってくるような気がする。
個人的に、今まで見たところでもっとも"stunning"なのは、白いドレスのブレイク・ライヴリー。

What a dazzler! Blake Lively wows in a sequined Chanel dress at the Mr Turner premiere in Cannes on Thursday eveningTaking the plunge: The actress posed with her hands in her pockets as she walked up the steps to the event

別にファンでも何でもないんだけどこれを見たときにハッと息をのむようだった。
ドレスはいたってシンプル。
これだけウエストを締めているけど、自然。
あと、やはりブロンドには白系が合うということが証明される。
これ、ほんとに印象に残るなー。
今回のカンヌではダントツでBest Dressedだろうなーと思って少し検索したらやっぱり世界中同じことを言っているようでした。
ちなみに"Cannes 2014 Fashion"で検索をするとブレイク・ライヴリーの写真ばかり出てくる。
Such a pro: The star perfected her over-the-shouder look as she posed for photographers


その他、写真を見ていくと…
She's got it down pat! The actress knew just how to pose to flatter her figureNot her best look: Karlie Kloss made a rare fashion fail at the opening of the 67th Cannes Film Festival on Wednesday evening
エヴァ・ロンゴリア、カーリー・クロス、

Quirky: The large glittering shrimp - or prawns as Australians typically call them - featured different coloured jewels hanging off the ends of the creature's long antennaeDramatic: Nicole caught the attention of the crowd in her dramatic jewelled Armani gownSparkling star: Cate Blanchett was rocking the sequin scales when she attended the How To Train Your Dragon 2 premiere in Cannes on Friday night
ニコール・キッドマンとケイト・ブランシェット。

この2人が出てくると一気に会場の華やかさが増す気がするし、祭典としての格がつく。
写真で見てもこれだけ貫禄があるんだから、隣に立ったら一体どんなもんだろう。
以前、映画好きの友人(日本人の男の子)が、
「僕はニコール・キッドマンなんて目の前にしたらたぶん直視できない気がするよ」
と言っていたのを思い出す。
大女優の迫力。
ちなみにニコール・キッドマンは46歳、ケイト・ブランシェットは45歳だそうです。
30ぐらいになると日本人が「おばさん」と自分のことを言ったりしますが、うーん、話になりませんな。
むしろ30から人生始まる、くらいじゃなかろうか。

PhotoWorking it: The stunner accessorised with a clutch bag and patent beltBe careful! Zoe looked a little uneasy as she made sure not to trip up on the hem of her dress
ブレイク・ライヴリー、ジュリアン・ムーア、ゾーイー・サルダナ。
ジュリアン・ムーアの髪の色が好きです。

PhotoFeeling blue? Jessica donned a royal blue frock featuring a diagonal neckline and high slit which revealed her legs and matching heelsPhotoGreen goddess: Lea Seydoux looked lovely in an elegant emerald gown
イネス・ド・ラ・フレサンジュ、レア・セドゥ、ナガサワマサミ、ジェシカ・チャスティン、…
ん?ざーっと見て行っていきなり顔が大きめな人が現れたので驚いた。
長澤まさみだ。
日本人もカンヌによく招かれる。
日本ではとにかく脚の長くてスタイルのいい女優ということで有名なのだがこの赤いカーペット上においてはそれが全然目立たない。
ファンに怒られるのを承知で言うと、ウエストも太く見える。
ちょうど、サマンサ・タバサの広告で、板野朋美が公開処刑にあったという写真を思い出してしまった。
これ。まあここまでひどくは無いけど。



Working it: Watts looked incredible from every angle and certainly looked confident as she took in the momentWorking it: Watts looked incredible from every angle and certainly looked confident as she took in the moment

ナオミ・ワッツ。Hollywood's most glamorous couple? Ryan Reynolds and Blake Lively arrive for The Captive screening at Cannes Film Festival on Friday 
最後にもう一つブレイク・ライヴリー。ライアン・レイノルズと2人で。日本ではこうやってカップルで公然とかつ堂々と登場するというのは考えられないし、芸能人となると、少し一緒にいるのを見られただけで「熱愛」などという騒がれ方をする。まあ一口に「文化の違い」と言ってしまえばそれまでなのだが、カップルを見て小学生が「ヒューヒュー」と言ってからかうのに似ている。やはり幼稚だと思う。

Thursday, 15 May 2014

疲れた

ザッケローニのインタビューで"coraggio"を「勇気」とふきかえているんだけど、なーんか違和感ある。
「日本には勇気という個性が必要なのです」
って…ハイ、訳しました、みたいな日本語。ぎこちない。

ところでNHKのW杯テーマは椎名林檎が歌っているようだ。
その名もNIPPONって。

ところで今日は会議がすんごい長かった。
帰りは8時過ぎました。
今、帰ってきてから1時間ちょっと経ったところ。
だけどもうそろそろ寝る時間…。

昨日は蚊と闘っていて全然眠れなかった。
ちっとも捕まえられず、結局イライラしている間に鳥が鳴き始め、朝日が見えてきた。
寝不足です、という顔をしている。

映画なんて見れるわけないのよね。

Saturday, 10 May 2014

天気がよい

5月らしい、良い天気だ。
今日は休み。
掃除機をかけ、2回洗濯機を回した。

いくつか予定はあるがさほど忙しくない。
昼は外にメキシカンを食べに行くことになっている。
その後は泳ぎに行こう。

最近映画を見ていない。
ツタヤのカードが期限切れである、というのも1つの理由。

夏の海外研修に行くことが決まった。
冬頃職場で募集がかけられていて、とりあえず手をあげてみた。
それが今決定した。
夏はもうすぐなのである。

Tuesday, 6 May 2014

連休のこと

上京して以来初めて、5月の連休に実家へ帰った。
目的はいくつかあった。
祖父母の顔を見ること、それから陶器市へ行くこと。
とは言うものの何よりも、数日間の暇を東京で過ごす自分を想像したら、スペースの無さと人の多さに嫌気がさしている様子が簡単に思い浮かべられたから。

飛行機のチケットを買うお金があるのだったら、えい、乗ってしまえ、と思ったのだった。
何かを行動に移すときは、息をするように実行しなければいけない。

そもそも私はオープンエアな土地で生まれ育ったため、狭い場所で生息していられる時間が限られているように思う。
つまり、一定の時間、期間を越えると精神的にも身体的にも支障をきたす。

2日の夜まで仕事をして、3日の朝7時代の便に乗って帰った。
つかの間の休息だったがゆっくりすることができた。

家はとても広い。
時間と空間にゆとりがあるので、自然と創作意欲が湧いてくる。
シフォンケーキを作った。
東京の家では、作るときにスペースをなるべくとらないお菓子を作ることが多い。

昨日は陶器市に行った。
10年以上行ってなかった。
自分の、食器への好みも変わったように思う。

少し値切ってもらって、こういうのを買った。
東京に持って帰ったってどうせ邪魔になるのは分かっていたのだが、まあ食器くらいは好きなものを使おう。
それにしてもここは寒い。

朝5時前に起きたので、眠い。

教えてないのにミッキー

こども1歳8ヶ月の記録。 ふと気づくと私のi padを取ってyoutubeを自分でタップし、好きな動画(セサミストリート)を再生する。最初はまあいっかと思っていたけどやはり動画の引力というのはすさまじく、放っておくと多分1時間でも2時間でも見続ける。これってよくないよなと思っ...