Tuesday, 26 December 2017

いつもスペースを

ちまちまとメンテナンスをするのが好きである。いらないものを捨て、除き、あるものを把握して、使えるようにする。これをメンテナンスと呼ぶのかどうかは定かではないが、断捨離ともちょっと違う。たとえば壊れたベルトがあってそれを修理に出す、とか、電池の切れた腕時計を持って電気屋さんに行き、時計によって種類の違う電池をひとつひとつ買ってはめて動かしていく、とか、とれたボタンを縫い付けるとか。一定の時間をかけてそれを行い、持ち物を整理する。そうするといいものはずっと残っていくし、それで満足すれば、それ以上にモノは増えない。

こういうのがほとんど病的に好きである。ずっと前の古いウインドウズの「デフラグ」がすごく好きだった。いらないピース(?)壊れたピースが取り除かれていき、空いたところを埋めていく。

きょうは、たまっていた小銭を貯金しに郵便局へ行った。貯金箱が古くなっていてもう寿命だなと思っていたのだが、持った瞬間にフタが外れて小銭が流れ出た。三つある貯金箱のうち2つがもう使い物にならなくなっている。仕方ないのでタッパーと袋に入れて持って行った。全部で二万六千円もあった。それから古くなった二つの貯金箱にはサヨナラをした。

そしていらなくなったスカートがあったのでリサイクルに出した。先日新しいスカートを一つ買ったので、これで±ゼロである。引き出しにはスペースがある。

さらに、テーブルに置いた「とりあえずの書類置き」を整理した。どこに置いたらいいかわからないけど絶対使う書類が日々必ずある。これらは一つの場所に入れておかないとあとでどこに行ったかわからなくなって困る。これを2,3週間に一度チェックすると、「捨てていいもの」「まだとっておくもの」「壁に貼って置いたほうがいいもの」「ファイルにしまうもの」などに分別される。たとえば「壁に貼って置いたほうがいいもの」のなかには保育園からもらった「インフルエンザの出席停止期間早見表」があるし、「ファイルにしまうもの」には「ラベルライターの保証書」があった。

こういう作業が定期的に必要である。一般的に言って、ではなくて、私の精神的衛生には、である。

精神的にも、物理的にも「いつもスペースを」。

Monday, 25 December 2017

40℃が3日間

前回、2日間発熱が続いたと書いたが、訂正。3日間でした。昨日も40℃の熱が続いた。さすがに辛そうだったがその前日よりは体力も食欲も回復していたように見えた(少なくとも泣く元気があった)ので解熱剤は使わなかった。

そしてきょう25日ようやく回復。しかしながら、40℃の熱が出た翌日なのだからさすがに様子がおかしい。突然泣いたり笑ったりする。6月もこうだったなあと思い出した。熱はなくても動きもぎこちない。

きょうまで保育園を休んで家で様子を見た。しかし結構退屈している様子で窓の外を見て手足をバタバタさせて「あーん」と泣いていた。明日、午前中だけ保育園に行かせようかなと思う。

私は、というときょうで仕事納め。9月から長いようで短い、あっという間の日々だった。二人三脚どころか、三人いても1本しか脚がないような状態のときもあったがなんとかこれで休みに入ることができる。「ありがとう」の気持ちを忘れないようにしたい。いや、気持ちだけではなくてそれを口に出すことを。

Sunday, 24 December 2017

こどもの発熱について

それで(前の投稿からの続き)、この一年数ヶ月を経て、子どもの発熱について思うこと。

1. 「最近熱出してない」などと口にしてはいけない

心で思ってもこれは絶対に言ってはいけない。言った翌日に熱を出すから。11月4日に発熱して以来しばらく発熱がなかった。2週間たったころに「お、2週間たったけど元気だな」と思ったけど口にしないでおいた。それからさらに2週間。「お、一ヶ月経ったけど元気だな」と思ったけどこれも言わないでおいた。そして21日、つまり熱の出る前日に「もういいだろう」と思い、子育て支援施設のスタッフの方たちとその話になり「うちもそれあるある」と言われた。熱出てないなと思っても言わないでおいたほうがいいよね、でも一ヶ月半も熱出してないんだ、そうか、よかったね、と言って、その翌日発熱。

これは熱に限らず多くのことがそうで、たとえば「最近自転車パンクしてないね」なんて思っても絶対言ってはいけない。


2. 髪を切ると翌日に発熱

これは偶然だと信じたいのだが、6月に切ったときも翌日に40℃熱が出た。9月も発熱。そして今回も。いつも同じ場所で切っているのだが、これはきっと偶然だと信じたい。場所がよくないのか?子供がたくさんいてうつされているのか?それとも、髪切ったら頭が「すーすー」して寒いのか?


3. 子どもはタイミングをわかっている

「具合悪いな〜仕事早退するしかないな〜」と思っている時に保育園に呼ばれる、ということは「あなたも具合悪いんでしょ、だからいっしょにおうちで休もうよ」のサインだったんじゃないか、とも思えた。タイミングがあまりにもぴったり合ったのでとても驚いた。さらに22,23日に発熱ということは24,25は「保育園お休みさせるしかないな」という流れになる可能性が高い。これも「クリスマスぐらいは家族とのんびり過ごしたいよ」というサインだったのかもしれない。

さらには、これまでの(私が仕事を再開してから今までの数ヶ月間に起きた)発熱はたいてい週末だということ。そうすると私の仕事には大きな支障がでない。すべて計算済みか?と驚くくらいである。まあ単純に週末に疲れが出る、というだけとも考えられるけど。


まあ、そんなこんなで親も子もそれで慣れていくし、成長していくのである。感染性の病気ではないかぎり、本人ががんばって、食って寝て治すしかないわけで、医者にできることは解熱剤を処方することぐらいである、というのも学んだことの一つ。

40℃の熱が2日続いた

前回の投稿の翌日、こどもの調子はまあまあいいかな、という感じで、私も前日よりは体調が回復したので、お互い、いつもどおりに保育園と仕事にいくことにした。ただし、送りは頼むことにして私は家に残り、少しゆっくりと出かける準備をした。

職場に行ってしばらくすると、やっぱり気持ちが悪い。もうだめだ、というくらい気持ち悪くなってきたので管理職に、途中で帰りますと告げに行った。するとその10分後、会議中に「熱があるので迎えに来てくださいと保育園から電話がありました」のメモがすっと渡された。

なんと。

そのまま荷物を持って職場を後にし、まっすぐ保育園へ。電動自転車で職場に出かけていてよかった。迎えにいくと、ほっぺたを真っ赤にしてこどもが先生といっしょに出て来た。そうか、朝ぼうっとしていたのはこういうことだったのか。朝測った熱がいつもより高かったのも、こういうことだったのか。家に連れて帰り、とりあえず寝かせ、夕方から小児科へ。翌日が休みだしインフルエンザかどうかのテスト今しておく?と聞かれる。ただし発熱から時間がたっていないので結果はきちんと出ないかもしれないけど、と。うーんと一瞬迷ったがお願いしますということで検査してもらったら結果は陰性。病院で測った体温は39.8℃。

その後も家で様子を見るが熱は下がらず。夜中、けいれんとまではいかないけどガクガクとふるえる症状が何度か見られてどうしようかと戸惑ったが意識もしっかりあり大ごとにはならなかったのでそのまま朝まで様子を見る。

翌朝23日はまあまあ回復したように見えた。(朝は休んだ後なのでたいていの場合回復したように見える。)少し食事を取れるようになっていて安心した。午前中少し寝た。それから午後まではずっと40℃前後の熱が続く。まったく元気がない。いくらかものは食べられるようだがあまりにも熱が高いせいか寝付くことができない。いっしょにくっついて寝かせようとするが、少し寝ても寝入りのときに「ビクッ」として起きる。その結果、3分も眠れないという状況が夕方までずっと続く。

6月ごろにもらった解熱剤の坐薬を使ってみたが1℃ぐらいしか下がらず。

6時過ぎに休日こども診療所へ連れていくことにした。すぐ近くなのだがタクシーを呼ぶ。「だいぶ待ちます」とは言われてはいたが、なんと1時間半ぐらい待った。しかも病人だらけの部屋で。着いた途端、「家で休んでりゃよかった」と連れて来たことを後悔した。

しかしまああらためてインフルエンザの検査をしてもらいやはり陰性であることがわかったし医師の対応もいつになく丁寧だったので結果的には連れて行ってよかったと思った。

さらに行ったことによって、坐薬の量が少なかったということがわかった。もらった当時の体重よりも増えているので1個半は使ってくださいとのことだった。

家に帰ったのは9時すぎ。熱は40℃ちょうど。坐薬を、今度は1個半使った。それから寝せた。

今朝(24日)はだいぶ良くなっているように見えるが、朝食後にまた額が熱くなって来ているようなので油断はせずにおとなしく寝かせることにする。

Thursday, 21 December 2017

こうやって今年が過ぎていく

睡眠不足です。まともに連続して眠れていない最近。

きのう、というか今朝は(たぶん)5時ごろからこどもがひどく泣いて参った。滅多にこんなことはないのでこれはもしかしたら本当に具合が悪いのではないかとだいぶ心配したが6時過ぎにみかんを少し食べたら泣き止んだ。その調子で朝ごはんを食べた。昨日よりもしっかり食べていたのでよかった。それから保育園に送って行った。朝の泣き方からすると、これは登園できないぞと思っていたのだがすっかり元気になった。それでもきょうは午後から家で休ませようと思い、昼すぎに迎えに行った。みんなまさにこれからお昼寝をしようという時間だった。なるほどこんな感じで毎日寝ているのかと感心した。すでにおとなしく寝ているのは女の子だけである。キャッキャはしゃぎながらそこらじゅうを歩く男の子たちを見て、こんなところに差が現れるのか?と思った。まあ、きょうだけ、偶然かもしれないけど。

私は、というときょうは吐き気がする。というか胃が痛いような重いような。一週間前ほどではないが、たぶん似たようなもので、原因は疲れとか睡眠不足だろう。ちょっと横になろうかな。

ノンストップで12月が、いや、今年が過ぎていく。

Wednesday, 20 December 2017

こどもの体調不良

久しぶりにこどものメモ。

1ヶ月以上、発熱なしで過ごしているので、よかったよかった、と思っていたところ嘔吐と下痢が始まった。二週間前?に保育園から電話があり、嘔吐しましたという連絡だったのだがその後は吐くこともなく元気に過ごした。

始まりはそこからだったのかもしれないが、16日、17日の土日に連続して嘔吐。両日とも午後3時ごろで、何かものを食べた直後というわけではない。2回目の嘔吐のあと、休日のための診療所に連れて行った。「おなかの風邪でしょう」ということで整腸剤をもらった。熱はない。

それから翌日、翌々日とあまり食欲がない。昨日19日は、食事(おやつ)を残したという。そんなことは保育園に通い始めて初のことである。家でも、朝ごはんのバナナで遊んだりする。あれだけ欲しがってぺろりと一本食べていたバナナなのに。

そして今朝は下痢。

どうしたもんかなあと思いながらも保育園に連れていくとやはりぼーっとしている。最近これが多い。それから数時間後、仕事中に電話が来た。保育園からだ。どうしたのかと思ったら、「午前中の牛乳を飲んだあとに突然目や首を掻き始めた」という報告。牛乳アレルギー?

これはさすがにと思って夕方、小児科へ連れて行こうと思ったら、そっか、水曜日は午後休診でした。

お風呂に入ってごはんを食べたが、これもまた少食。白米、さつまいもを食べて、ピーマンは口から出した。そういえばきょう保育園でも「ブロッコリーだけ口から出してました」と言っていた。まさか、野菜嫌い?

りんごを擦って与えるとパクパクと食べた。よかった。

このままではやせ細っていくのではないか、と心配になるくらいの食欲減退ぶりである。しかし考えてみれば量、スピードともにこれが1歳3ヶ月の子どもの標準なのかもしれない。今までがガツガツ食べ過ぎていた。

7時前には抱っこしているうちにうとうと眠りそうだったので寝せることにした。

やはり心配なので明日小児科に連れて行こうと思う。幸い、私の仕事は午前中で終わる。

**********

それにしても、冬はいやだなあ、やっぱり。
寒いし、暗いし。
手足とか腸とか胃とか、あちらこちら動かなくなってくるし。

そういえば私も体調を崩したのだった。ちょうど一週間前。12とか13日とか、その辺だったと思う。熱はないけど吐き気がして、辛かった。睡眠不足も関係あった。疲れが押し寄せて、胃腸も弱って、なんというか、最悪の状態だった。

大人でもそうなるんだからいわんや小さなこどもをや。

さてほかにも書こうと思っていたことあったけどこの辺でやめます。ねむい。
(それにしても快適だなあ新しいパソコンは!)

Tuesday, 19 December 2017

Here comes MacBook

買いました、ついに。パソコンを。
結局MacBook Airの13インチにした。というかAirは13インチしかないけど。
仕事で使っているAirの11インチがとても使いやすかったのだがしばらく前に製造されなくなり、13以外の選択肢はなかった。新しいMacBook Proにしようかとも思ったのだが、5万円も高い。その差はやはり大きすぎると思った。持ち運びを頻繁にするわけでもないし、単に家で使いたいだけなので、5万も余計に出すことはない。

というわけで快適な生活の始まり始まり〜。

ただし冬のMacはギンギンに冷えてしまって手触りが良くないので早いところカバーを手に入れねばと思っています。

Saturday, 2 December 2017

必要な出費

投稿の頻度が減っているのは忙しいからとか書きたいことがないからというよりもパソコンがすぐに使えないから、というには以前も何回か書いた。書きたいことはあるのだ。山ほどある。それなのに心に浮かんだその書きたいことを記さないままに日々を過ごしているのはなんとももったいない。

というわけでやっぱりパソコン買おうと思う。そろそろボーナスも出るし。それにしても大きな買い物が続く。9月に電動自転車14万円、11月に冷蔵庫11万円。まあ、稼いでいるのだし、お金がないわけではないし、なによりも必要なものだし、意味ある出費だ。これで生活が快適になるのなら、惜しくはない。その間に、お金で買えない、つまり店には売ってない、いいものがきっと自分に入ってきている、と私は考える。自分への投資とかよく言うけどまあそういうこと。

で、今はこれiPadで書いています。書きにくいなあ、キーボードじゃないと。この先画面をタップする系が中心になっていくのかもしれないけどやっぱり私はキーボードで文章を書くのが好きです。

眠い

うーむいろいろ書きたいことはあるのだが今日はとにかく眠い。昨日は代休できょうは久しぶりに普通どおりの仕事だったが、これが眠いのなんのって。昨夜いつもと寝る位置を変えてみたら予想どおり子どもが途中で起きてこちらの睡眠も妨げられるという事態に陥ったため睡眠不足がひどい。座っているとい...